イギリスのホームステイ体験談

ホームステイ

語学留学や大学留学、旅行でイギリスのホームステイを体験してみたいという人は多いはず。

本記事では、イギリスで複数軒でのホームステイを体験した筆者がホームステイの基本情報から、体験しているからこそ分かる注意点などを徹底解説します!

この記事のざっくりまとめ

【メリット】イギリスでのホームステイをオススメする理由

イギリスでホームステイするメリットはいくつかあります。

1つ目は「イギリスの文化や生活を肌で感じられること」です。

2つ目は「日常的に英語をつかう機会をつくり出せること」です。

3つ目は「何かあった際に頼れる人ができること」です。学校でも教科書でも学べないことが、ホストファミリーとの会話や日々の生活を通して感じられるのがホームステイの最大の魅力です。長期間イギリスに滞在する場合は最初の数週間だけホームステイを利用して「イギリスの生活に慣れる」こともオススメです。

イギリスのホームステイとオーストラリアなど他国との違いは?

イギリスのホームステイとオーストラリアやカナダ、ニュージーランドなど他国のホームステイとの違いは特に無いです。イギリスのホームステイする際にはイギリスならではの食事を食べられたり、イギリス独自にイベントをホストファミリーを体験できたりするはずです!

イギリスのホームステイでかかる費用は1か月8万円~12万円ほど

イギリスでホームステイすると、ホームステイ宿泊登録費用+宿泊費+朝食代+夕食代で1か月あたり8万円~12万円ほどかかるのが一般的です。1週間換算すると約2万円~3万円、2か月換算するとおよそ16万円~24万円程度です。

ちょっとリッチなホームステイ体験談

ホームステイ先のクオリティやサービスによっても値段は変動します。

2か月間で24万円払ってする少しリッチなホームステイを体験したことがありますが、夕食時にワインが出てきたり、朝食時のジャムが数種類使い放題だったり、簡単な送迎はしてくれたりと普通に生活する以上のおもてなしを受けました。

ホームステイのクオリティは費用に比例し「コスパが良い」という日本のような概念は無いので、高ければ高いほどクオリティの高いホームステイができると思って間違いありません。

イギリスでは大人もホームステイできるの?

大人ももちろんホームステイできます。学生がホームステイする際にはあまり話さないことも、ホストファミリーと年齢が近いからこそ英語で話せたりすると思うので、大人だからと臆することなく積極的にホームステイしてみましょう!

中学生がイギリスに滞在する際はホームステイがオススメ

中学もホームステイできます!中学生にこそ、ぜひホームステイをオススメしたいです。初めての体験から吸収できることがたくさんある多感な時期に体験したホームステイは、その子の人生に大きな影響を与えること間違いなしです。

中学生だと1人で宿泊するのは危険も伴うので、安全面も考慮してホームステイを選ぶことをオススメします。生活の面倒を見てくれたり相談に乗ってくれたりしたホストファミリーとの関係性は一生続くものになるはずです!

短期ホームステイはイギリスでできるの?

短期のホームステイもイギリスでは可能です。ただ、長期の場合と比べると少し割高になってしまうかもしれません。短期の受け入れを行っている語学学校では、同様に短期のホームステイ受け入れも行っているはずなので、まずは学校やエージェントに相談してみましょう。

イギリスのホームステイ受け入れ先はどうやって探すの?

語学学校への短期留学の場合は、語学学校もしくは留学エージェントに紹介してもらいましょう。大学留学の場合は、大学の窓口や語学学校同様に留学エージェントに紹介してもらいましょう。個人旅行でホームステイする場合は、Airbnbなどの宿泊予約サイトを使ったり、現地の日本語対応可能な旅行会社に仲介してもらったりしましょう。

各地域ごとに地域に特化したホームステイを斡旋している会社もあるので、英語が多少できる場合はそういった業者に相談してみるのもオススメです。例えば、英国バースでホームステイ先を探している場合は、以下の個人旅行会社でホームステイも斡旋しているExperience Bathという会社があります。

イギリスでホームステイする際は日本のお土産を持って行こう

できれば、簡単なものでいいのでお土産は買っていきましょう!イギリスの文化として、食べ物(箱入りのお菓子等)よりも、カタチに残るもののほうが喜ばれるといわれることが多いです。日本のポストカードや、けん玉,コマなどの遊べるもの、キーホルダーなどは王道のお土産でしょう。

長期間ホームステイする場合は、日本からお土産を持って行くと荷物がかさばり大変なこともあります。そういった際は、日本の伝統的な遊びやちょっとした文化の違いを教えてあげると喜ばれます。

上の写真は私がホームステイ中に「日本では、お弁当などで食材を動物のカタチにすることがあるんだよ!」と言ったら、みんなでリンゴを生き物っぽく切る遊びが始まったときの写真です。このような文化やちょっとした日本のあるあるを教えてあげるとカタチには残らなくても一生覚えていられるので喜ばれること間違いなし!

イギリスのホームステイ先の料理ってどんな感じ?

朝食はパン+ジャム+ドリンクとシンプルなメニュー

朝食は家によって異なりますが、パン+お茶orコーヒーぐらいのシンプルなものであることがほとんどです。イギリス在住中、2軒の異なる家でホームステイしましたがどちらも朝食は「パン+ジャム+コーヒー」でした。「どうしてもお米が食べたい!」という人は、アジア系のスーパーで買いましょう。

はじめのうちは家族も一緒に朝食をとってくれますが、数日もすると「慣れてきたと思うから自分で作って食べてね~」という感じになります。これは、イギリスでは家族がバラバラの時間にバラバラに朝食をとることが多いからです。

夕食はワンプレートが基本

イギリスの夕食は、ワンプレートのシンプルな料理が多いです。スパゲッティ一皿分+サラダ、野菜+ポテト+揚げ物、カレーといった感じです。日本食と比べて栄養素は偏っていますが、量は結構あるので毎日お腹いっぱいになります。

どの家庭でもワインなどのアルコールは常備していることが多いので「今晩、お酒飲む?」と聞かれることも多いはず。お酒が入った状態での夕食は、ホームステイ先の家族との良いコミュニケーションの時間になると思います。

ホームステイの持ち物は日本でしか買えないものに注意

イギリスでホームステイする際は、一般的な生活ができる程度に設備は整った家であることがほとんどです。ホームステイの斡旋業者や大学、語学学校が「ホームステイ者を受け入れるのに適切なクオリティか」は確認している場合はほとんどなので「ヒーターが無かったらどうしよう!」「シャワーが無かったらどうしよう!」などと心配する必要はありません。

下の写真は私が3週間過ごしたホームステイ先の部屋の様子ですが、キャリーバッグとパソコン以外は全てホームステイ先にもともとあったものです。

必要なのは「日本とイギリスで生活の文化や仕組みが違うこと」が理由で必要になってくるものです。箸は一般的な家庭にはありませんし、日本茶も置いていないことがほとんどでしょう。この写真の左下にあるように、日本のコンセントをつなぐ際には変換プラグも必要です。必要になるものの大半はイギリスでも買えますが「日本じゃないと買えないもの」は、忘れずに買っていくことをオススメします。

ホームステイで語学力は伸びる?

ホームステイで語学力は伸びるケースが多いです。1人暮らしの場合は話す時間が少ないですが、ホームステイだと朝家族と会ったとき、帰ってきて今日あったことを話すとき、夕食のとき、一緒にテレビを見ているときなどに英語を半強制的に話さないといけない状況に追い込まれます。

語学を学びに行っているときでも、どうしても「英語話すのめんどくさいなぁ」と思ってしまいますが、英語を話さないといけない環境に自ら身を置いて英語のスキルを伸ばしたい方にはホームステイはオススメです。

ホームステイの注意点「ルールを共有しておこう」

ホームステイする際の注意点として「ルールを初めに共有する」ことが挙げられます。文化もバックグランドも異なる家で他人と一緒に過ごすのがホームステイなので、ルールを共有していなければトラブルは必ず起こってしまいます。分からないことは行動する前にまず「分からない」と伝えたうえで、その都度質問して聞くようにしましょう。

一例ですが、私がイギリスでホームステイした家の1軒は、猫を2匹飼っていました。この猫はとてもやんちゃだったので窓や玄関を開けっぱなしにするとすぐに外に出ていってしまい大変なことになります。そこで「玄関の戸はさっと開け閉めする」「猫に○○は与えない」など、ホームステイ初日にルールを共有してからスタートした結果特に問題なく1か月半のホームステイが終わりました。

ホームステイ先の家は階層や居住区によって多様

ホームステイ先の家庭は、階級もホームステイを始めた理由も全く異なります。マッチングしてもらう際に希望がある場合は伝えたほうがいいでしょう。ホームステイをする理由の王道として主に2つの理由があります。

1つ目は「元々学校の先生だったりボランティアをしていて、若い人や海外の人と接するのが好きだから」というもの。上記の写真のように家も立派で朝食夕食のバランスが考えられていたり、コミュニケーションも積極的にとってくれたりすることが多いです。

2つ目は「給料だけでは生活が厳しいから、家の空いている部屋をホームステイできる場所として貸そう」というもの。必ずしも家が大きくなかったり環境がそこまで快適でなかったりすることもあります。

どちらにしてもホームステイを受けれいる場合は学校や仲介業者のチェックを受けている場合がほとんどなので大きく不満がたまるようなことは無いと思います。

イギリスのホームステイを楽しんで!

イギリスでホームステイする最大のメリットは「英国ならではの生活や文化を肌で体感できること」「日常的に英語に触れる機会をつくれること」だと思います。教科書や学校では学べないことが学べるはずなので、機会があればぜひホームステイを選んで体験してみてください。

その他の留学関連記事はこちら!

この記事を書いた人

matto

文部科学省トビタテ!留学JAPAN6期生として2016年に約半年間イギリスのリヴァプール・バースで留学&インターンシップ、観光に関する調査を実施。帰国後はイギリス居住経験を生かし長野県を拠点にインバウンド推進事業や留学推進事業に関わっている。世界遺産検定3級。