海外旅行や留学にクレジットカードを!実際に持って行った3枚をご紹介

クレカ

学生時代(今も学生ですが)、イギリスに10日間の旅行や4ヶ月間の留学に行った際、実際に役立ったクレジットカードをご紹介します!また選んだポイントや、悩んだカードもまとめてみました。

先に持って行った3枚をご紹介しておくと、こんな感じ。

イギリスに持って行ったクレジットカードとデビットカード

・三井住友VISAカード(学生ならデビュープラスがおすすめ)
・三井住友デビットカード
・MasterCard1枚

1枚だけではいざという時に不安なので、必ず複数枚用意しておきましょうね。では詳しくみていきましょう。

イギリスのクレジットカード事情は?

現金よりクレジットカード!キャッシュレスで便利

イギリスでは、旅行生活問わず現金よりもクレジットカードが便利です。日本よりもキャッシュレス化が進んでおり、個人店~チェーン店までカードが使えない店はほぼありません。他の人たちがカードで払う中、自分だけ現金で払うとなるとなんとなく周囲の視線も気になりますしどうしてもまごついてしまうので、ストレスなく観光するためにもカードを持っているのは重要です。

イギリスは硬貨の種類が多いのも現金よりクレジットカードがオススメの理由

イギリスには以下のように計8種類の硬貨が存在します。日本も6種類と多いですが、それよりも多いので現金で生活していると小銭がどんどんたまっていきます。価値が低い1pや2p硬貨はたまる一方で使う機会はドネーションボックス(寄付箱)に入れるとき程度なので、できる限り身軽に暮らしたり旅行したりするためにもカードをメインで使いましょう。

  • £2 (ツーポンド)硬貨
  • £1 (ワンポンド)硬貨
  • 50p (フィフティーペンス)硬貨
  • 20p(ツウェンティーペンス)硬貨
  • 10p(テンペンス)硬貨
  • 5p(ファイブペンス)硬貨
  • 2p(ツーペンス)硬貨
  • 1p(ワンペニー)硬貨

若者にはデビットカードが主流

若者の間では、クレジットカードよりもデビットカードが主流です。私も含め若い人はカードを持つとどうしても使いすぎてしまいますが、デビットカードであれば銀行口座にある分しか引き落としができないので使いすぎてしまうことがありません。

昨今はアプリを使ってリアルタイムで口座の引き落としが確認できるので、デビットカードで払ってその場で引き落とされた分を確認できる点でクレジットカードよりも便利に使いすぎを押さえることができます。

イギリス旅行におすすめなクレジットカード3選

イギリスにクレジットカードを複数枚持って行く場合は、国際ブランドであるVisa、MasterCard、JCBのうち2種類以上を組み合わせて持って行くことをオススメします!まれにお店によっては使えない種類のカードがあることがあるので!僕の場合はVisaとMasterCardを1枚ずつ持って行きました。

現地イギリスで数か月間生活していましたが、どちらも使えなかったことはありませんでした。とはいえ「どのカードがいいのか分からない!」方もいるかと思うので、3種類のオススメのをクレジットカードを紹介します。

POINT

国際ブランド3つを組み合わせて使おう!

・Visa
・Mastercard
・JCB

三井住友VISAカード

CMでもおなじみのカードです。日本国内だけでなく、海外の主要な国であれば問題なく使えるVISAカードなので安心度も高いです。私はイギリスでこの三井住友VISAカードとデビットカードの2枚を主に使っていました

多額の支払いが必要なときはクレジットカード、スーパーマーケットでの買い物や公共交通はデビットカードを使っていましたが、まったく問題ありませんでした。三井住友VISAカードはスマホアプリで入出金をリアルタイムで確認できるも魅力です!

「エポスカード」は海外旅行保険付き!

エポスカード

エポスカードは株式会社丸井グループの子会社で、クレジットカード会社の株式会社エポスカードが発行するでクレジットカードです。エポスカードは年会費が無料のカードですが、海外旅行で絶対に必要な海外旅行保険がついています

年会費が数万円以上かかるゴールドカードに匹敵する質の高い海外旅行保険なのです。「海外に行くことは決まっているけれど、どのカードにしようか迷っている。海外旅行保険もまだ登録してない…」そんな方にオススメです!

楽天カード

こちらもCMでおなじみのカードです。Visa, MasterCard, JCBにAMEXを足した4種の国際ブランドの中から好みのものを年会費無料で選ぶことができます。海外旅行での使い勝手もさることながら、普段使いのよさも魅力のひとつ。ポイント還元率常時1%で、楽天市場での買い物であればいつでも3倍とポイント還元率が高いのがいいですね!

海外旅行のためだけにカードを作る人は少ないと思うので、日本に帰ってきてからも使いやすいかどうか意識してカードを選びましょう!

イギリス旅行ではトラベルプリペイドカードもおすすめ

トラベルプリペイドカードは、面倒な外貨両替の手間や不安を解消する便利なカードです。イギリス以外の国でも使え、国内の外貨両替よりもレートがよくカードの作成時に面倒な審査が無いのが魅力です。

旅行前にATMでカードに入金すると、入金したお金の範囲内で現地のATMで通貨の引き下ろしができます。手数料はいくらかかかりますが、使いすぎることは無く多額の現金を持ち歩く必要もないのでオススメです!

イギリスのバス・地下鉄には「オイスターカード」が便利

ロンドンでバス・地下鉄を多用する場合は日本でいうSuicaのような「オイスターカード」をまず初めにゲットしましょう! オイスターカードを使うと、なんと切符のおよそ半額で各種交通機関を利用することができます

1日の使用限度額が決まっているので(何円までしか利用できません!ではなく、ある一定額を超えるとそれ以上使っても加算されないという意味)、たくさん移動すればするほどお得です。また、最近はバスでは現金や切符NGでオイスターカードのみという場合がほとんどです。手間を省くためにいも、絶対に買いましょう!

イギリスのクレジットカード事情まとめ

クレカ

クレジットカードもデビットカードもたくさん種類があり選ぶのは難しいです。ただ、1点だけお伝えしたいことがあります。1枚しか持って行けない場合はVisaカードを、2枚以上持っていける場合はVisaカード+MasterCard or JCBを持って行きましょうということです!

Visaカードはクレジットカードが使えるお店の99%で使えます。MasterCardやJCBと比べると使える場所が多いので絶対に持って行きましょう。

この記事を書いた人

matto

文部科学省トビタテ!留学JAPAN6期生として2016年に約半年間イギリスのリヴァプール・バースで留学&インターンシップ、観光に関する調査を実施。帰国後はイギリス居住経験を生かし長野県を拠点にインバウンド推進事業や留学推進事業に関わっている。世界遺産検定3級。